沿革





昭和6年

初代  安島金三郎 岩沼にて個人開業
昭和51年5月17日 2代目 小林千明   同地て法人設立
平成3年9月4日 岩沼再生資源事業協同組合設立時に役員として参加
平成6年8月23日 3代目 小林秀明   事業継承
平成7年11月 ヒアブクレーンツカミ、マグネット兼用トラック導入積込作業大幅効率化
平成8年4月25日 宮城県産業廃棄物収集運搬許可証 取得
平成9年9月 大型トラック導入 輸送量増大に対応
平成12年10月 ユンボSH120 ツカミ、マグネット付導入荷物の積み下ろし大幅効率化
平成16年3月 プレス機更新 新型プレス機設置
平成18年5月22日 日本再生資源事業協同組合  再生資源回収事業者認定を受ける
平成20年2月23日 名取工場開設 主力工場となる40dトラックスケール、1dフロアスケール設置プレス機移設、
ユンボSH120増車 ユンボ2台体制
平成20年5月23日 岩沼再生資源事業協同組合第17回通常総会において 第4代代表理事に就任
平成21年9月30日 宮城県の廃棄物再生事業者認定証を取得
平成23年6月 ダブリングシャー導入、震災くず大量発生に対応
平成26年 2.5d回転,ツメ移動式フォークリフト導入荷物積み下ろし作業効率化
平成30年4月 4.5dフォークリフト導入 重量物の積下しに対応